2012年02月02日

パブリシティー権〜ピンクレディーの写真〜


肖像権やパブリシティー権は、法律で明文化されていないため、権利行使の判断が難しいものであります。

また、ほかの記事によると、最高裁では「著名人は肖像などを報道で使われることもあり、無断使用も正当な表現として受忍すべき場合がある」とも述べたとのいうくだりもありました。

 判決自体はまだ読んではおりませんが、今回の最高裁で示されたの3つの類型がパブリシティ権侵害の行為類型として取り扱われていくのだと思うと非常に重要な判決です。
posted by アイピーロー at 15:07| ライブラリ