2012年01月26日

面白い恋人(2)



「面白い恋人」に進展があったようです。原告は、差し止めに加えて、1億2000万円の損害賠償を求めたようです。

 ところで、「面白い恋人」と「白い恋人」の商標そのものの類似性については、本件訴訟にかかる判決が確定した後で最終的に総括をしておいたほうがよいのではないかと考えています。と、いうのも「面白い恋人」は、どうも最終的には4条1項7号違反で拒絶査定されているそうです。同じようなことを考えている専門家の方はたくさんいるようで、「面白い恋人」の出願(商願2010-66954)の包袋を11月以降取り寄せている人が40名以上はいました。
posted by アイピーロー at 09:26| 日記