2011年11月21日

優先権証明書

今日の特許庁のホームページで、欧州共同体商標意匠庁(OHIM)が提供するPDF形式の優先権証明書を正式なものとして取り扱うと発表されていました。商標でもユーザーフレンドリーな手続きになってきたようです。

 優先権証明書といえば、海外のクライアントから、優先権証明書の提出期限ギリギリに「何とかコピーで」とお願いされることがしばしばあり、その度に「いや、原本でなければ・・・」というやり取りをすることが。特許出願の手続きでは、優先権主張の基礎となる出願の書誌事項を記載すれば、優先権主張の効果が認められる場合がありますが、商標出願の手続きでも、全ての加盟国とは言わないので同じような手続きが認められるようにならないかなと思うのでありました。

posted by アイピーロー at 22:40| 日記