2012年05月31日

「しろくまカフェ」休載

私のお気に入りの漫画「しろくまカフェ」が、無期限で休載になるそうです。

 動物たちによって繰り広げられるほのぼのとしたストーリーで人気ですが、アニメ化にあたり、原作者のヒガアロハさんととアニメ制作サイドに食い違いがあったことが原因の一つと言われています。
 キャラクターデザインの違いや、アニメ化にあたっての契約の有無など、著作権について今後も展開が注目されそうです。


 ファンとしては、連載の復活を祈るばかりです。



posted by アイピーロー at 14:37| 日記

2012年05月29日

重曹を使って

少しずつ暑さを感じる季節がまいりました。

暑くなってくると、決まって麦茶が飲みたくなります。
早速自宅で麦茶を煮出しました。

台所が麦の良い香りに。粗熱を冷ましてピッチャーに移し、冷蔵庫で冷やします。


さて、麦茶を水筒に入れて持ち歩こうとしたのですが、
私が使っている水筒はステンレス製です。使用説明書が手元にないのですが、確か漂白禁止だったはずです。

そこで、ゴールデンウィークに大掃除で使った重曹を使いました。
水筒に、ぬるま湯と重曹を入れて(大匙2杯ぐらい)シャッフルし、ふたを締めて一晩放置。


翌日、水筒がとてもさっぱりきれいになりました。
よく洗ったあと、麦茶を詰めて事務所に持っていきました。


大掃除の時に買った重層ですが、調べれば調べるほどいろいろな使い道があってとても便利です。
環境にも優しいので、これからもどんどん活用していこうと思います。
posted by アイピーロー at 13:33| 日記

2012年05月25日

日本の手作り

毎週木曜日に和風総本家(テレビ東京、21:00〜)という番組を観ています。
この番組では、日本の職人さんの技術や美しい日本の言葉など、日本にまつわる紹介をしております。
そして、番組に出てくる、柴犬の豆助くんが可愛いです。

さて、昨日は「世界で見つけたMade in Japan」という特集をしておりました。
日本製のフルートは、世界の最高峰であるウィーンフィルの方も愛用する力作である、
日本で作られた「傘ポン」はスペインでとても人気がある、などなど
外国で使われている日本製のものを紹介する特集です。


中でも印象的だったのは、刷毛職人さん。
ウィーンで活躍する絵画の修復師の方が、日本製の刷毛を使っているようです。
20年使っても壊れない、ヨーロッパの絵画の修復に欠かせない刷毛であると、日本の職人さんにメッセージビデオでお礼をしていました。
それを見た職人さんは感涙。「こんなに喜んで使ってくれて、うれしい」と。


機械技術の進歩でロボットが動いたり、いろんな不可能が可能になっている今日ですが、
機械では代わりのできない多くの手作業が、今もなお人々を支えているのだと思いました。


そんなことを思いつつ、この記事にも目がいきました。
京うちわづくり最盛期 節電の夏を前に例年より早い受注


節電意識が高まっております。見た目にも涼やかで美しく、あおいでも涼しい京うちわを調達しようと思います。
posted by アイピーロー at 15:14| 日記

2012年05月21日

金環日食


朝のニュースでは話題もちきりでした。東京では173年ぶり、本州広範囲ではなんと932年ぶりの観測だったようです。

ニュース中継では各地が晴れて観測できていたのに、あろうことか横浜は雨…
雨音が聞こえてきたときは悲しくなりました。
それでも、通勤途中、薄曇りの空からきれいなリングを少し拝むことができました。

マンションの階段、通り道、あちらこちらで
大人子供を問わず観測グラスを手にした人たちが一生懸命空を見ていました。
知らない人同士「見えましたか?」「写真撮りましたよ」なんて話し合って輪ができていたり、
朝の短い時間でしたが、珍しい天体のショーを楽しみました。

次回の金環日食は、18年後の2030年6月1日、北海道地域で見られるそうです。
posted by アイピーロー at 13:51| 日記

2012年05月18日

念じて動かすロボット

おととい一人乗り車両Uni-Cub(ユニカブ)を見て感動したばかりなのですが、本日また技術力に感動してしまいました。

念じるだけでロボットアーム操作、全身まひ女性がコーヒー飲む

脳の運動皮質に小さな電極を埋め込み、読み取ったニューロンの電気信号をコンピューターで解析して、ロボットアームの動きへと変換するのだそうです。
実用化までにはまだ時間もコストもかかるのでしょうが、いろいろな不可能を可能にする技術だと思います。
posted by アイピーロー at 14:00| 日記

2012年05月17日

レゴ・ブロック

幼いころ、ほんの少しレゴ・ブロックで遊んだ記憶があります。
指先を使って、ある材料でモノを作る。子供の知育玩具として良いと思います。
大人が遊んでも楽しそうです。

最近レゴ・ブロックの専門店で大きなオブジェを拝見しました。
ブロックで大きなものを作ったら楽しいだろうな、と思っていましたが
本当にそれを実現して、展示している場所が世界にはたくさんあるそうです。

世界の「レゴ建造物の名所」を紹介

使っているブロックの数も50万個〜300万個と膨大です。
大きなものになると、傍に寄らないとレゴ・ブロックで作っているのがわからないかもしれませんね。

今年3歳になる甥への誕生日プレゼントはレゴブロックもいいかもしれません。
プレゼントして一緒に遊ぶつもりですが、甥より自分が楽しんでしまいそうです。
posted by アイピーロー at 13:35| 日記

2012年05月16日

一人乗り車両「ユニカブ」

以前ホンダの新型Asimoを見て、ロボットの進歩に感動しておりましたが、
今度は一人乗り車両「Uni-Cub(ユニカブ)」が発表されました。


写真を見た時、一輪車を思い出しました。

背もたれは付いていないものの、バランス制御の技術を駆使しており、様々な方向への移動が自在とのことです。

私自身は自動車の運転も全くできない運転音痴なのですが、操作は簡単なのか、そしてどんな乗り心地なのか、とても気になり、少し乗ってみたい気がします。
コンパクトなので混んでいる場所でも邪魔にならずに使えそうですし、用途についてはいろいろな可能性が期待できそうですね。
posted by アイピーロー at 14:44| 日記