2012年04月13日

面白い恋人(3)

ここのところバタバタしていたので、取り上げるのを忘れていましたが、面白い恋人の事件に進展です。

毎日.jpへのリンク

吉本さん側が、反撃に転じたようです。

記事のトーンだと、吉本さん側は、反撃しつつも、穏便な解決策を模索し、石屋製菓さん側は、徹底抗戦の構えのようです。まあ、原告、被告の立場からすると、当たり前の姿勢ですが。

ところで、本件については、以前から二つナゼ、と思っていることがあります。

一つは、以前のブログにも書きましたが、この件、特許庁が吉本さんの出願に対して最終的に査定したのは、4条1項7号であって、11号や15号ではないのですが、

一般的な報道を見ると、依然として、11号や15号のトーンで報じられているような気がします。

もう一つは、なぜ当時、拒絶査定不服審判を請求しなかったのだろうか?ということです。

当事者にしかわかりえない事情があると思うので、あまり、第三者がいうべきことではないのですし、あくまでも結果論ですが、また、不服審判を請求していれば、少しは違った展開だったのかな、とも思います。

posted by アイピーロー at 09:16| 日記