2012年04月19日

森伊蔵

毎度、中国ネタで恐縮ですが、今日も中国商標権についてのニュースが目にとびこんできたので、こちらから。

産経新聞ニュースへのリンク

記事によると、異議申し立ての却下がされたのは1月で、2月には再審査を請求したとのことですから、これからまたしばらくは、「中国の知財は・・」という報道が多くされるのでしょう。

今回のケースは、日本の著名商標と同じ商品についての中国での登録の問題なので、比較的わかりやすい話で、多分、「中国の知財は・・」と多くの人が共感するのだと思います。著名商標の保護というのは、日本でも難しい話であり、一般の人の感覚と、商標法の解釈や司法の判断の違いに悩まされるケースは多々あります。

自分の商標が「著名だから」という理由で登録しない人は(あるいは、その逆で、自分の商標は「目立たないから」という理由で登録しない人も)、意外と多いように思われます。いずれにしても、一般的には、登録主義の国が多いのですから、戦略的に、どのように商標を登録していくかということを考える必要があるといえます。

「使用する意思」のある商標について保護をするというのが商標法の考え方なので、法律の側面だけをとらえると、使用する範囲だけ権利を取得すればよいと考えがちですが、商標は、本来、営業標識なのですから、未使用商標について、どのように保護をしていくのか、という視点をもって、このようなニュースを見ないと、「中国の知財は・・」という風潮に惑わされて、足元を見失ってしまうのではないかとも思います。
posted by アイピーロー at 09:35| 日記

2012年04月18日

クレヨンしんちゃん

昨日、中国での「クレヨンしんちゃん」の著作権侵害訴訟について、双葉社さんがコメントを出されたとの記事が出ていました。

産経ニュースの記事へのリンク

8年という長い年月をかけてきた当事者だからこそ、中国での知財に関する問題が深刻であることをアピールされたかったのでしょう。

いったん成立してしまった権利を、「なかったこと」にするのは、実はそう簡単なことではない。これは、日本でも同じことで、商標であれば、異議申立や無効審判の請求などの手法で「なかったこと」にする方法があるが、実際には、当事者の方が思っているほどすぐに「なかったこと」にはならない。(使用していなければ、不使用取消審判の請求で、「なくなること」はよくあるが。)

日本でもこうなのだから、外国での権利保全については十分すぎるほど注意したほうがよい。

中国が、比較的わかりやすい記事がよく出るので、つい中国だけを考えてしまいがちだが、台湾、韓国などの周辺の国では、少し濃いくらいの権利取得を目指したほうがよいのだと思う。

posted by アイピーロー at 13:09| 日記

発明の日

今日、4月18日は発明の日です。

現在の特許法の源である「専売特許条例」が、公布された日であります。

以前、このブログでも書きましたが、最初に特許が付与された日である8月14日の「専売特許の日」はあまり、イベント性はないのですが、「発明の日」は、特許庁や関連団体でも推しの強い「ハレ」の日です。

特許庁ホームページへリンク

特許事務所自体は、粛々と業務をこなすだけですが、一般の会社に比べると、カレンダー行事が少ない中では、こういう日には、初心に帰り、いろいろ振り返ることが大事かもしれません。
posted by アイピーロー at 09:12| 日記

2012年04月17日

ホームページからも御礼申し上げます

昨日のブログに書きましたが、私たちの事務所も二年目に入りました。

ホームページからも御礼申し上げます。

一周年挨拶

一周年挨拶(英文)


あと、最近更新をあまりしていなかった、Legal Updateのコーナーも今日久々のアップです。
初心に帰り、今後も頑張ります。
posted by アイピーロー at 14:41| 日記

おいしい紅茶

紅茶党としては気になるニュースです。

NYブルックリン発の紅茶ブランド「べロック」、日本に2店舗オープン


 知らない場所へ旅したとき、新しいものを見たときや読んだときに、その感情をお茶で表現しようとして新しいブレンドが生まれる、とのことですが、
 感情をお茶で表現…どのような味わいなのか、とても気になります。

 毎朝、事務所で紅茶をいただいています。香りの豊かなアールグレイがお気に入りですが、時には違った味わいで一日をスタートさせてみると楽しいかもしれません。
posted by アイピーロー at 13:24| 日記

2012年04月16日

おかげさまで一周年

昨日、4月15日で
当所が創立一周年を迎えました。

2011年4月15日
震災の後、まだ少し花冷えのする麹町で
アイピー・ロー法律特許事務所は産声を上げました。

この一年間、多くの方に支えられたおかげで
今日を迎えることができました。
深く御礼申し上げます。

本日から二年目に突入いたします。
これからも、皆様のお力になれるよう、
所員一同頑張ってまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
posted by アイピーロー at 15:36| 日記

2012年04月13日

面白い恋人(3)

ここのところバタバタしていたので、取り上げるのを忘れていましたが、面白い恋人の事件に進展です。

毎日.jpへのリンク

吉本さん側が、反撃に転じたようです。

記事のトーンだと、吉本さん側は、反撃しつつも、穏便な解決策を模索し、石屋製菓さん側は、徹底抗戦の構えのようです。まあ、原告、被告の立場からすると、当たり前の姿勢ですが。

ところで、本件については、以前から二つナゼ、と思っていることがあります。

一つは、以前のブログにも書きましたが、この件、特許庁が吉本さんの出願に対して最終的に査定したのは、4条1項7号であって、11号や15号ではないのですが、

一般的な報道を見ると、依然として、11号や15号のトーンで報じられているような気がします。

もう一つは、なぜ当時、拒絶査定不服審判を請求しなかったのだろうか?ということです。

当事者にしかわかりえない事情があると思うので、あまり、第三者がいうべきことではないのですし、あくまでも結果論ですが、また、不服審判を請求していれば、少しは違った展開だったのかな、とも思います。

posted by アイピーロー at 09:16| 日記