2012年03月15日

中国実用新案検索サービス

 昨日、特許庁から、中国の実用新案について、ネット上で日本語検索できるサービスを始めるとの発表がありました。

 経済産業省のホームページへリンク

 IPDLで新たに提供されるサービスのようで、サービスの提供開始は、19日からだそうです。(そういえば明日の20時からシステムメンテになっています。)いずれは特許の検索サービスも始める予定だそうです。

 昨年の、特許・情報コンファレンスでも、中国文献の検索サービスをアピールしているブースが結構ありましたので、需要に応じて行政がサービスに乗り出した、ってところでしょうか。

 諸外国のホームページもネットで検索できる国や地域が増えてきましたが、やはりIPDLで機能充実してもらえると、我々のようなヘビーユーザーにはありがたいです。

 ただ、この種のサービスって、サービスが充実していく速さが、四法の中では、どうしても特許優先というか特許中心なんですよね。

 今朝のニュースでも、中国商標の問題が取り上げられていましたし、大臣の発言もあるわけですから、中国商標も何かIPDLでサービスを提供していただけたらありがたいです。
posted by アイピーロー at 08:52| 日記