2012年03月12日

あの日を忘れない

昨日は3月11日、
東日本大震災から丸一年がたちました。


地震の時、私はビルの8階に居たため、かつて経験したことのない揺れにパニックを起こしていました。
電車はすべて止まり、これはすごい被害だと思っていたのですが、
丸の内ビルのモニターに映っていたのは、東京の被害とは比べ物にならない大津波の映像でした。
そして、原発の恐ろしさを目の当たりにしたのです。


未だに生活の戻らない人はたくさんいます。
仕事や家や大切な人を失って、癒えない傷を負った人がたくさんいます。


そんな中でも頑張る人たちの姿があります。
仮設の店舗で営業を再開した人、
津波の後の海に出て漁をする人、
被災地にボランティアで力を貸す人、
また、原発の被害で地元を離れていながらも
地元を思い、一生懸命頑張って生きる人。
一人一人の姿が、とても眩しいです。

どうか、一日も早い復興を、日常が戻ることを祈ってやみません。







posted by アイピーロー at 17:13| 日記

2012年03月09日

著作権法の改正

 著作権法の一部を改正する法律案が閣議決定されたことがニュースになっています。

 改正のポイントは、著作権侵害の例外規定の整備のようで、他人の著作物が偶然写りこんでしまった写真や映像を利用する場合など、侵害とみなさない4つの行為類型を定めるようです。

 施行は、来年1月を目指すとのことですが、この手の改正は、ガイドラインの内容によっては
、適用されるのかどうか判断に迷うことが多いので、できるだけ一般のユーザーに分かりやすいガイドラインの公表をお願いしたいものです。

 首相官邸ホームページへのリンク

 47NEWSへのリンク
posted by アイピーロー at 16:19| 日記

2012年03月08日

偽ブランド品の行く末

大阪税関が、偽ブランド品の廃棄作業を公開。
以前、横浜の税関で偽ブランド品の展示を見学したことがありました。
本物と並べて陳列してあると、明らかに偽物であることがわかるようなものばかりでしたが
中には本物と見分けがつかないほど精緻に作られているものもあります。

もちろん、これらは市場に回すことができないものなので、廃棄にするしかないのですが
年間9000件近くも来ているとなると、廃棄作業も大変です。
それでも偽物の輸入が増加しているのは、買う人が多いことも現実です。


買う側は気軽な気持ちで手にしていることが多いと思うのですが、購入したお金が犯罪組織などに回っている可能性が大です。
偽ブランド品には手を出さないことが一番です。
posted by アイピーロー at 14:03| 日記

2012年03月07日

携帯で防犯

今の子供用の携帯は、サイト閲覧の制限のみならず、GPSの表示や、電源が切れる瞬間にカメラが作動し、電源を切った人物の写真が保護者のもとに送られてくるなど、防犯用にとても便利に作られています。

物騒な事件が増えたことに加えて、塾通いなどで帰宅が遅くなる子供が増えたことも理由の一つと言えるでしょう。

アメリカでは不審者を匿名で通報できるアプリができたようです。

ニュースはこちら

治安が心配な場所では、目撃情報などが事件解決の鍵になりますし、またそういったアプリがあるだけで犯罪抑止に繋がるかもしれません。

posted by アイピーロー at 16:31| 日記

2012年03月02日

充電



水っていうのは、どちらかといえば、昔から携帯電話の天敵のようなイメージでしたが、

今や水で充電の時代です。

どちらかというと、過充電派の私はあまり電池切れになることはないのですが、

震災時には強い味方になるのでしょうね。
posted by アイピーロー at 08:50| 日記

2012年03月01日

この冬最後の雪?

昨日は、雪がたくさん降りました。


とはいっても、東北地方では昨日の雪は「小降り」だったのでしょう。


関東、特に首都圏でずっと暮らしてきた私は雪慣れしておらず、歩いてはすべり、ゆっくり歩きの繰り返しでした。
おまけに横浜市はわりと坂道が多いので、滑らないか歩いていて怖かったです。特に下り坂は歩く前に躊躇しました。


しかも、めったに雪に出くわさないので、雪靴の用意もなく、仕方なく普通のブーツをはいて出勤。
事務所に着くころにはブーツの中まで雪が染みており、とても冷え込みました。

雪の影響で電車もダイヤが乱れ、結構大変な一日だったと思います。都会の脆弱さを感じました。


少量の雪だったのでそのぐらいで済みますが、雪の積もる地域での雪の事故を今年はたくさん聞きました。
「雪景色」などというととても聞こえが良いですが、一歩間違えると雪は大惨事を引き起こします。雪が降った時の服装や行動などは、注意しなくてはと思うことの多い冬でした。

寒い中、道行く人たちのために雪かきをしてくださった方々に感謝です。


大寒波に耐えた暁の春が待ち遠しいです。
posted by アイピーロー at 15:04| 日記