2012年02月14日

N響アワー放送終了

クラシックファンには衝撃的なニュースです。


N響はやはり日本でも最高峰のオーケストラの一つであり、客演指揮者、ソリストなども世界屈指の巨匠をフィーチャーしています。

初心者向けの番組を作るのは大いに賛成なのですが、初心者向けというのは果たしてどの程度のクオリティの番組になるのか、気になるところです。
プレーンな説明や、有名な曲の抜粋もとっつきやすくて良いのですが、巨匠の名演奏を聴いて、「もっと知りたい」「もっと聴きたい」と思う、感動するチカラだって大事なのではないでしょうか。


それに、初心者向けというのであれば、実は今のN響アワーでも充分楽しめます。西村朗さんの説明は聞きやすくて明快だし、より音楽を楽しめるように工夫しながら番組を構成されていると思います。


クラシックファンが毎週楽しみにしている定期公演の放映が一部の人のものになってしまうことの方が、全体の文化レベルを下げてしまうことにつながると思うのですがいかがでしょうか。


N響アワーが無くなって、オーケストラの放送を楽しむ時間が減ってしまい、ますますクラシック離れが進んだ、なんてことが起こらないよう、新番組にはしっかり頑張ってもらうことを期待します。
posted by アイピーロー at 10:38| 日記