2012年01月06日

名器の謎深まる〜ストラディバリウス〜

楽器好きには、なかなか興味深い記事です。

現存するバイオリンの最高峰と言えばストラディバリかグァルネリですが、長年この名器の秘密は楽器に塗るニスではないか、と言われてきました。
そのニスを研究するために、何台ものストラディバリが解体され、犠牲になってきました。


そういえば先日、名器と普通の楽器の音質に差はないという記事がありましたが、よく読んだら科学的な根拠云々ではなく、研究者が耳で聴いた感想だったのだそう。

そんな適当な!

楽器は弾き手によっても鳴り方は違ってくるし、弾き手の弾き方によっても大きく変わってしまいます。
きちんと「鳴らし方」を知っている人が弾けば、名器でなくても良い音はするし
そうでない人が弾けば、どんな名器も良い音は鳴りません。

楽器と腕前の難しい相関関係であります。


では、ニスではないとしたら何なのでしょう。謎は深まります。
ともあれ、一番大切なのは、音楽を楽しむこと、感動することだと思います。


今年もたくさんの音楽に触れられる一年になるといいなと思います。
posted by アイピーロー at 13:53| 日記