2011年12月15日

登録証のデザイン〜桐竹鳳凰〜

先日、担当していた商標の登録証が届きました。

登録証が届くのは嬉しいです。
お客様の権利が認められた達成感と、同時にこれからこの権利を守っていくという気合が新たに沸き起こってきます。

さて、幾度となくこの登録証に触れてまいりましたが、登録証ってどうしてこのデザインなんだろう?
と思って調べてみました。


登録証見本.png

(↑これは登録証の見本です。)


登録証に描かれているのは「鳳凰」と「竹」と「桐」
併せて「桐竹鳳凰文」という図柄です。

鳳凰とは中国の伝説の霊鳥で、梧桐(あおぎり)の林に棲み、竹の実を食べると言い伝えられています。鳳凰は、徳の高い王者による平安な治世か、優れた知性を持つ人が生まれると姿を現すものだそうです。

あのデザインは「高い知性の出現」を象徴する、とてもめでたい意味があったようです。

これからもたくさんの登録証と巡り合えるように、当所も頑張っていこうと思います。
posted by アイピーロー at 09:53| 日記