2011年08月12日

残暑お見舞い申し上げます

早いもので、事務所を開設してから4か月になろうとしています。

初めて麹町に来た時は、まだ寒さの残る春の初めでしたが、今は夏真っ盛り、夏休みの子供たちがのびのびと遊んでいる姿が微笑ましく感じられます。

さて、今年は「蝉が鳴かない」というお話をあちこちで伺います。
しかし、事務所の周辺は東京の中心でありながらも緑が豊かなのか、蝉の鳴き声がよく聞こえます。

しかし、鳴いていたかと思えば鳴きやんでいて静か。
蝉って時間によって鳴いたり鳴かなかったりするのか?と思い、調べてみました。
鳴き声や鳴く時間帯は種類によって異なり、種類を判別する有効な手がかりとなる。たとえば日本産セミ類ではクマゼミは午前中、アブラゼミやツクツクボウシは午後、ヒグラシは朝夕、ニイニイゼミは早朝から夕暮れまで、などとなる。
夏に多いとはいえ真昼の暑い時間帯に鳴くセミは少なく、比較的涼しい朝夕の方が多くの種類の鳴き声が聞かれる。(wikipedia セミ より)

蝉の種類によって、時間帯で鳴いたり鳴かなかったりするのですね。

一生懸命鳴く蝉の声をバックに、我々も暑さに負けずしっかり働こうと思います。
皆様におかれましても、元気に楽しい夏を過ごされることを、心よりお祈り申し上げます。
posted by アイピーロー at 14:18| 日記